BLESS - Seatpadding "Kvadrat × World" -

163,900円

購入数

PRODUCT

Seatpadding

数あるBLESSのプロダクトの中でも、日本ではあまり馴染みのないSeatpadding。

2018年、アメリカの建築家リチャード・ノイトラによるカリフォルニアはシルバーレイクにある、ノイトラVDLハウスが舞台となったエキスビションをきっかけに誕生したSeatpadding。

既存の椅子にSeatpaddingをかけるだけで、華やかな椅子になります。

例として、3種類の椅子にかけた写真を掲載しております。

また床と壁が交差する所に設置することも可能。

座面、背板、笠木にパッドを合わせて座ることで、座り心地も抜群です。

Seatpaddingはリバーシブルとなっており、表面のKvadratはBLESSのオリジナルファブリック、裏面は過去にアパレルでも登場した、世界地図がプリントされた生地となっております。

"誰が作ったか"ではなく、"何を作ったか"を大切にしているBLESSらしいプロダクトです。

MATERIALS

Kvadrat : ウール100%

World : コットン75% ポリエステル25%

詰物 : ポリエステル100%

SIZE

約180cm 約160cm

BLESS / ブレス

Ines Kaag(イネスカーグ)とDesiree Heiss(デジレーハイス)によって設立されたBLESSはドイツ・ベルリン発のブランド。

1993年ファッションスクール在学中に2人は出会い、1995年にBLESSをスタートさせる。

そして翌年秋、2人がリサイクル・ファーを使用したデビュー作【N°00 Fur Wig(ファーウィッグ)】 を発表。

その宣伝方法が斬新で、i-D / Self Service / Purple Fashionなどの名だたる有名雑誌から1ページを買取り、広告とした。

反響は2人の予想を大きく上回り、メゾン マルタン マルジェラのファッション・ショーのアクセサリーに使用されるなど、その後の多彩な活躍ぶりを予感させる話題を集めた。

以来、デジレーはパリ、イネスはベルリンを拠点にアクセサリーやインテリア・プロダクト等の新作を年3〜4回発表するという異例なスタンスで活動を始めた。

ファッション界を拠点にしながらも、家具、家電品、映画、装飾品や便利グッズのようなものまで新作として発表してしまう枠を超えた活動により、インテリアやアートの世界にもその存在を知られ、展覧会やコラボレーションなどを精力的に行なってきた。

毎回誰も思いつかないような手法で、斬新な作品を世に発信するBLESS。

コンセプトを深く掘り下げてからモノ作りを始めるため、アートの世界の人々からの評価も高い。

それでも2人は言う。

「私たちは、ファッションでモノ作りをしていたい。ブティックのウィンドウならあらゆる人がみてくれるけど、場所が美術館だったら、限られた人しか見にきてくれないから。」と。

現在は、年に二回、パリのファッションウィークで発表を続けながら、プロダクトも発表しているBLESS。

それらのアイテムは日常でのちょっとした思いつきやアイディアを活かしたものが多く、あくまで“使える”ものである。

BLESSのブランドのコンセプトの中には常に”日常“があります。

また彼らはデビュー以来、どんな取材であっても顔出ししないと決めており、それは"誰が作ったか"ではなく"何を作ったか"に注目をして欲しいという思いから来ています。

BLESS インスタグラム