LOWERCASE Irving

25,920円

COLOR
購入数

PRODUCT

Irving

Made in New York

50年代頃のヴィンテージアイウェアを基にモダンに昇華したモデル、Irving(アーヴィング)。

イタリア製のアセテート生地を数枚重ねて深い色味に仕上げられた、美しいTOBACCO(タバコ)カラーのフレームが非常に印象的です。

やや太めなテンプルと目を惹くアバンギャルドな太めのワンブリッジ仕様の組み合わせが個性的な表情ですが、着用者の顔の形を問わずどんなスタイリングにもすんなりと馴染んでくれます。

※レンズの色味は濃いブラウンカラーのレンズとなります。ブランドオリジナルのグラスケースとメガネ拭きが付属します。

LOWERCASE

Designer:Gerard Masci & Brian Vallario

LOWERCASE(ロワーケース)は金融と建築という全く異なる分野でキャリアを積んだ、デザイナーの二人Gerard Masci氏とBrian Vallario氏によって、2017年に初のフルコレクションを発表した新鋭オプティカルブランド。

創業者の二人は、世界のメガネとサングラスは8割以上が中国で生産されているという事実を知り、アメリカには既に存在しないメガネフレーム構造を再築しようと、イタリアとドイツから最先端の精密機械を自己負担で輸入し、全て独学で作業工程を考案しました。

そして彼らが生産拠点に選んだのはBROOKLYN ARMY TERMINAL(ブルックリンアーミーターミナル)。この場所は1919年に完成した、当時アメリカ最大の軍事供給施設です。現在も当時の面影を色濃く残しており、アメリカの国立史跡の一つに登録されています。

全てのプロダクトのフレームにはイタリアのマツケリー社が手掛ける高品質アセテートを使用し、レンズにドイツのカール・ツァイス社の物を、ヒンジ(蝶番)にドイツのメガネ部品メーカーOBE社の製品を採用しており、品質も折り紙つき。

高性能なマシンを使った製造過程に加えて、最終的な仕上げを一点一点デザイナーたちの手作業によって行う正真正銘のMADE IN NYCのアイウェアは、既に複数のアパレルブランドとコラボレーションアイテムを発表するなど業界内からも注目度が高まっています。

LOWERCASE インスタグラム