Death to Tennis MILLS

17,064円

COLOR
SIZE
購入数

PRODUCT

MILLS

Made in Peru

バックにブランドロゴのラバープリントを配したシンプルなラグランスリーブ仕様のクルーネックスウェット。

ロゴプリント内のテキスタイルはデザイナー2名と親交が深いNYを拠点に活動するイラストレーターであるKeith Mackie(キース・マッキー)氏の作品"Peacock"(孔雀)からインスパイアされたものです。

極彩色の孔雀の羽に「眼」を落とし込んだ前衛的でハイセンスなデザインは、2018S/SシーズンのDeath to Tennisのコレクションのインスピレーション源となっています。

ボディには薄手なフレンチテリーコットンを採用することで、シーズンを問わず着用可能。

やや着丈を短めにして全体的にゆとりを持たせた美しいシルエットを採用することで、カジュアルな印象が強いスウェットを上品に仕上げております。

MATERIALS

コットン100%

SIZE

裄丈 身幅 着丈
M 93.0cm 58.0cm 65.0cm
L 90.0cm 60.0cm 67.0cm

SIZE CHART

Death to Tennis

Designer : William Watson&Vincent Oshin

2011年、New Yorkで創業。

Death to Tennisは同じアーティスティックなビジョンを持った、イギリス出身のWilliam Watson(ウィリアム・ワトソン)とVincent Oshin(ヴィンセント・オーシン)の二人がニューヨークで出会い立ち上げたブランド。

手掛けるプロダクトは第一に品質を重視し、且つ伝統を重んじる部分もあり、ユニークなアプローチでコンテンポラリーなメンズウェアを展開しており、クリエイティブなビジョンで時代を超えるデザインにフォーカスしています。

Death to Tennisインスタグラム