KNICKER BOCKER TROUBADOUR

24,041円

定価 34,344円

SIZE
購入数

PRODUCT

TROUBADOUR

Made in New York

セントルイス出身のカントリー・フォークシンガーPokey Lafarge(ポーキー・ラファージ)とKNICKER BOCKERとのコラボレーションモデル。

ボディ全体と襟やポケット部分、袖口にそれぞれ異なる柄である日本製のインディゴ染めファブリックを巧みに使用した、3ポケット仕様のミドル丈ジャケットです。

ニッカーボッカーらしく戦時中〜戦後のヴィンテージワークジャケットを基にサンプリングしておりますが、ボディのヒッコリーストライプやウォバッシュでもない、どこか上品さ漂うインディゴストライプ生地はほんのりドレスさを感じさせてくれます。

ボタンには現在は使用されておらず、過去のニッカーボッカーの商品に使用されていた、銅製KMFGボタンが復刻。

斜め向きに開けられた4番目のボタンホールは、作業中に懐中時計を留めるためのヴィンテージワークウェアに見られる代表的な名残です。

BLOG

http://jimscity.exblog.jp/28115178/

MATERIALS

ボディ:コットン100%

SIZE

肩幅 身幅 着丈 袖丈
S 43.5cm 51.0cm 74.0cm 66.0cm

SIZE CHART

KNICKER BOCKER MFG.CO.

Designer : Andrew Livingston

2013年、N.Y BROOKLYNで創業。

Bushwick地区 Knickerbocker通りに面する、廃業し稼働しなくなってしまった古い帽子工場をそのまま譲り受け、メンズのアパレルと雑貨を中心に生産を行っているブランド。

デザイナーはカリフォルニア州サンディエゴ出身のアンドリュー・リビングストン。

父親がプロサーファーだった影響から、スポーツ・ファッション全般に興味を持ち、NYに移住後『Knickerbocker Manufacturing Company』を設立。

『まるで第二次世界大戦から戻ってきたような』スタイルと表現出来る、クラシックなワークウェアやミリタリーウェアなど、古き良きアメリカから影響を受けた服作りを行っています。

1960年代にアメリカで販売されていた衣料品は95%がU.S.A生産でしたが、今日では5%にも満たない現状に疑問を感じ、ニッカーボッカーが生産するアイテムは全ての工程をアメリカ国内で行い、自らのクリエイティビティが行き届くよう丁寧な少量生産を心がけています。

KNICKER BOCKER MFG.CO.インスタグラム

Designer : Andrew Livingstonインスタグラム