KNICKER BOCKER A3 MECHANIC CAP

8,424円

COLOR
SIZE
購入数

PRODUCT

KNICKER BOCKER A3 MECHANIC CAP

Made in New York

硫化染めを施した日本製9ozヘリンボーンツイル素材を使用した短めな幅のツバが特徴的なキャップです。

形状はUS ARMY AIR FORCE(アメリカ陸軍航空隊)の整備兵が被っていたものからインスパイアされています。

1940年代当時のアメリカ軍で支給されていたメカニックキャップを忠実に再現し、オリジナルに最も近いオリーブブラウン、ネイビーとブラックはブランドオリジナルカラーの3色展開。

生産はブランド事務所兼、自社工場の古いミシン(1950年代のSINGER社ミシン)を使い、熟練した職人の手作業で作り出されます。

着用・洗いを繰り返すほどに柔らかく馴染み、ヘリンボーン素材特有のアタリや経年変化を楽しめます。

ブラスバックルのベルト付きでサイズ調整可能。男女問わず着用していただけます。

ツバ部分は芯が入っていないため、ツバを上に反らしたヴィンテージライクな被り方もオススメです。

BLOG

http://jimscity.exblog.jp/26679451/

MATERIALS

ボディ:コットン100%

アジャスター:コットン100%

留め具:真鍮

SIZE

頭周(最小) 頭周(最大)
フリーサイズ 50.0cm 62.0cm
一つ一つ手作業で作られているため、多少個体差がございます。ご了承ください。

KNICKER BOCKER MFG.CO.

Designer : Andrew Livingston

2013年、N.Y BROOKLYNで創業。

Bushwick地区 Knickerbocker通りに面する、廃業し稼働しなくなってしまった古い帽子工場をそのまま譲り受け、メンズのアパレルと雑貨を中心に生産を行っているブランド。

デザイナーはカリフォルニア州サンディエゴ出身のアンドリュー・リビングストン。

父親がプロサーファーだった影響から、スポーツ・ファッション全般に興味を持ち、NYに移住後『Knickerbocker Manufacturing Company』を設立。

『まるで第二次世界大戦から戻ってきたような』スタイルと表現出来る、クラシックなワークウェアやミリタリーウェアなど、古き良きアメリカから影響を受けた服作りを行っています。

1960年代にアメリカで販売されていた衣料品は95%がU.S.A生産でしたが、今日では5%にも満たない現状に疑問を感じ、ニッカーボッカーが生産するアイテムは全ての工程をアメリカ国内で行い、自らのクリエイティビティが行き届くよう丁寧な少量生産を心がけています。

KNICKER BOCKER MFG.CO.インスタグラム

Designer : Andrew Livingstonインスタグラム